ひとりごと

ひとりごと

会食恐怖症が克服できないでいる

以前パニック障害の一種、会食恐怖症にかかっていると言ったのだけど【パニック障害】人前で食べていると急に口に入れたものが飲み込めなくなる「会食恐怖」、これが全然治っていない。どころか少しずつ悪化している気さえする。 緊張感のある場所だと飲食物...
ひとりごと

オナクラ「イッて爽快、果てて後悔」最も手頃な性風俗

お姉さんに手コキだけされて三千円払って帰るというシュールさ。すべての無駄を省き、女の手によってイカセられるという幸せを、低価格かつ超短時間で得られるウルトラコスパ。でもイッた後には賢者モードを強めに感じられる大変味わい深いもの。それが手コキ...
ひとりごと

風俗嬢とキャバ嬢だいたいおんなじ顔してる

最近始めてオナクラというものに行ってみた。池袋の路地裏にある怪しい店だが、どうやら人気店らしく、値段の割に女の子の顔が良いということで常連も多いらしい。 ものは経験、そんな義務感と仕事終わりの疲れたテンションで、きづいたら何故か池袋にいた。...
ozaki

僕ちゃんが僕ちゃんであるために

尾崎豊の名曲「僕が僕であるために」。何が正解で、何が間違いかに気づくまで、敗北することは許されないと彼は説いた。そのサビの歌詞は非常に難解なようで、実は単純なものであるかもしれない。いや尾崎は確かちゃんと、どんなテーマでこの歌を作ったか言っ...
左利き

気を使えるやつは早く死ぬから「長生きしたけりゃアホになれ」といっても簡単になれるわけがない、いやアホだから短命なのかもしれない。

もはや何がアホで何が賢いのか、そもそも長生きするってそんなに大事か。大事だけどその中身が本来は重要なわけで…なんて考えていたらもう何もかもどうでもよくなってきた。以下はヤケクソのノリで書いた出鱈目な文章だよ 左利きは右利きの人に比べて短命...
てつがく

臨死体験の体験談で感じた人生の意味「すべては秩序のもとに」

交通事故で臨死体験をされたという、とある人の話をネットで観た。私も、これまで生き物が生まれて死んでゆく意味を漠然と考えることは多々あったが、結局答えには辿り着けなかった。当たり前と言えば当たり前、死後のことは死んだ人にしかわからず、死んだ人...
ひとりごと

【パニック障害】人前で食べていると急に口に入れたものが飲み込めなくなる「会食恐怖」

人前で吐いたらどーしよう 会社のデスクでコーヒーを飲もうとした時、訪問先で出されたお茶を飲もうとしたとき、同じ営業の先輩と入った定食屋さんで食べ物を口に入れたとき。突然「あ、口に入れたけども飲み込めない、吐いてしまいそう、あーヤバい!」と突...
ひとりごと

新しい職場でいじめられて、ヒトの2面性を垣間見た。

自分は今、生まれてはじめて人間関係で苦労している。これまでは幸か不幸か、職場の人とはいつでもうまくやってこれた。自分が若かったから、周囲の寛容さに助けられてきたのもあると感じるし、自分が割と過剰に他人に気を遣う性格だというのもあったと思う。...
ペン字

「守破離(しゅはり)」と芸道が言う、年寄り社長も言う。

「守破離」とは主に芸道(剣道、茶道、書道)で、修行の段階を示した考え方。自称社会の荒波を生きぬいてきたそこそこ読書家の年寄り社長が、会社の朝礼で長々とこの「守破離」について熱弁したりことがあるかと思います。ないかもしれません。若い衆にとって...
未分類

自分の評価は常に他人が決めるもの。自惚れてはいけない

これまでの人生で一番尊敬した人が何度も言っていた言葉。当たり前と言えばあたりまえ、でもほとんどの人が忘れていることでもある。自分のことをどんなに優秀だと思っても、他人が評価してくれなければそれはただの勘違いになってしまい、戯言に他ならなくな...
ビアンコのゆーちゅーぶ