ozaki

シェリーは甘えんぼうな男の夢、すなわち母性である。【尾崎豊】

いくつになっても甘えん坊で、第2の母親を求めて彷徨い続けているのが男というものである。 これは寂しがりやで、かまってちゃんな尾崎豊が、同じく寂しがりやでかまってちゃんな男たち全員を代表して、そのチルディッシュさをクーリッシュさに無理やり昇華...
未分類

自分の評価は常に他人が決めるもの。自惚れてはいけない

これまでの人生で一番尊敬した人が何度も言っていた言葉。当たり前と言えばあたりまえ、でもほとんどの人が忘れていることでもある。自分のことをどんなに優秀だと思っても、他人が評価してくれなければそれはただの勘違いになってしまい、戯言に他ならなくな...
左利き

左利きでも使いやすい!「コピックマルチライナー」を使ってマルチにラインする。

左利きでもすんなりかけてノンストレスなコピックマルチライナーを推す、というか知ってほしい。もう知ってる人は出ていって。左利きには水性インクが良いと思う理由と、マルチライナーのスペックの高さとコスパの良さを伝えたい。 引いて書く右利き、おして...
仮面ライダー

仮面ライダークウガ「ゴ・ジャラジ・ダ回」は一番スカッとする回

タイタンフォームで遊んでたら放送も観たくなっちゃった。 先日、バンダイに注文していた大人向け(やらしくない)の可動フィギュア、仮面ライダークウガタイタンフォーム(真骨彫製法)が届いて、実に小学生ぶりにフィギュアというものをいじくり回す喜びを...
仮面ライダー

真骨彫製法-仮面ライダークウガタイタンフォーム「このクオリティは男のロマン」

真骨彫製法、それは男のロマン 2008年にSHフィギュアーツという、大男の手のひらサイズ?(でもこれくらいのサイズが丁度いい!)のフィギュアブランドが誕生し、仮面ライダーをはじめ戦隊モノやウルトラマン、SFモノや怪獣モノ、様々なフィギュアを...
ozaki

「尾崎豊」群馬の永遠の胸「 LAST TOUR AROUND JAPAN」

パッと聴きはバッドテイクの寄せ集め。これは聴けば聴くほどハマるCDかもしれない(洗脳?)。 先日(2022年3月23日)、『LAST TOUR AROUND JAPAN YUTAKA OZAKI』が発売されました。宣伝文句は「生前最後のツア...
左利き

左利きは天才なのか、変人なのか。多分変人

⚠ 右利きの人に読まれたら鼻で笑われる内容。 10人に1人の選ばれしもの(マイノリティの希少性) 右利き社会という、左利きは器用にならざるを得ない環境 サウスポーは天才か、はたまた変人か。(間違いなく天才) 1.10人に1人の選ばれしもの(...
ozaki

2000回聴いた人生のバイブル曲、「永遠の胸」(えいえんのむね)。

人生のバイブルな歌、尾崎豊「永遠の胸」の歌詞の意味を解釈する。 まぁあくまで個人的にですからね、解釈は人それぞれですよ。 さまざまな年代の邦楽を聴いてきた中で、特にメロディに「子守唄感」のようなものを覚えて、7年以上聴き続けている歌。200...
ozaki

尾崎豊「優しい陽射し」人生の答えは見つけるものではなく育むものである。

追記(2023/04/02)息子の尾崎裕哉さんが、1992年当時「放熱への証」発売にあたって尾崎豊へのインタビューが載った雑誌について紹介されていました。以下は全て尾崎豊の言葉です(朗読したのは息子だけど)。 この歌の中に答えは育むものだと...
左利き

左利きでもペン字が「ある程度」上手くなった!(重要なのはお手本を絞り、つづけること)

左利きの自分が、4年独学で字を練習していたら、ちょっとは上手くなったという話です(当たり前ったら当たり前だけど)。その話をダサく真面目〜に書くだけなので退屈だと思います。あまり読んでも徳はないかもしれません。きっと読まない方がいいと思います...